型付け工房 グローブ 湯もみ型付け

– 湯もみ型付け –

捕るグローブから掴むグローブへ

野球人なら一度は耳にしたことがあると思います。 プロ野球選手でも、湯もみ型付けされたグローブを使用する選手が増え、メディアなどでも取り上げられる様になりました。プロではなく、一般のプレーヤーにも最近とても需要があるのがこの『湯もみ型付け』です。
あなたは、今のグローブ、その型で満足していますか?
もっと確実性を上げて、ライバルに差を付けたくありませんか?
当工房では、『こだわりの型付け』を全てのプレーヤーに実感して頂く為に、お客様のグローブをお預かりして型付け作業を行います。


湯もみ型付け

豊富な型付け実績

– 豊富な型付け実績 –

経験豊富な型付けのプロにお任せください

当工房自慢の『こだわりの型付け』は、延べ13,000個以上の型付け実績のある、グラブの事を知り尽くした型付け職人が、
最初から最後の工程まで一人の手で責任を持ってグラブの型付けを施します。
お客様の大切なグラブだからこそ、グラブの事を知り尽くした、経験豊富な型付けのプロにお任せください。お客様の声はこちらからご覧ください。


– 素手感覚のグローブへ –

ポジションに合った最適な型付け

『湯もみ型付け』といっても、ただお湯に漬けて揉むだけではありません。
グラブ毎に最適なお湯の温度を考え、グラブ一つ一つの状態を見ながら丁寧に作業していかなければなりません。
また、乾燥にも細心の注意をはらい、革に極力ダメージが出ない様にじっくりとグラブから水分を抜いていきます。この作業を間違えると、グラブは死んでしまいます。硬いグローブをただ柔らかくするだけではなく、ポケットの中心を正しく使い、手の平で捕球している様な素手感覚のグローブに仕上げる事が最大の目的です。
数々の工程を経て、じっくりと時間をかけてお預かりしたグラブ、ポジションに合った最適な型付けを行います。


素手感覚のグローブへ

営業日カレンダー

オレンジ色の部分が定休日となります。
2018年 7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4

定休日